建設業許可申請

サービス案内

建設業許可申請in滋賀・京都をご覧いただきありがとうございます。

うみそら行政書士事務所では、

  • 建設業新規許可
  • 許可更新
  • 各種変更届
  • 経営状況分析
  • 経営事項審査
  • 競争入札

など、建設業にかかわる各種の手続きをサポートいたしております。

各種手続きをお考えのお客様で疑問・質問などございましたら、無料で相談させていただきますので、お気軽にご連絡ください。

電話番号 077-535-4622

メールはこちらのメールフォームをご利用ください。

現在新たなサイトを作成しています。

最新情報はこちらを御覧ください。

建設業許可関連サポート

よろしくお願いいたします。

 

サービス紹介(金額につきましては目安です。必ず事前にお見積りいたします。)

経営事項審査申請代行

50,000円(税別)から

競争入札参加申請

20,000円(税別)から

 

建設業許可取得をお考えの皆さま

建設業許可を取得されますと、様々なメリットがあります。

まずはそのメリットのご紹介です。

建設業許可取得のメリット

1 工事施工範囲が広がる

請負価格が500万以上の工事には建設業の許可が必要です。

許可を取得することにより、500万円以上の工事ができることになります。

2 公共工事請負の前提

公共工事を入札で請け負う場合に、許可が前提となります。

公共工事請負のためには、許可→経営事項審査→入札申請となるわけですが、許可が第一歩です。

3 信用アップ

請負の前提として許可を取得していることが求められる場合もあると聞きます。

銀行などから融資を受ける必要がある場合もあるでしょう。

そのような場合、建設業許可を取得しておくと効果があります。

許可取得のデメリット

一方デメリットです。

1 手続が何かと面倒

許可を取得する場合に、申請書や必要書類を揃えるのが面倒です。

 

また、許可を取得したあとも、

  1. 5年に1度の更新
  2. 様々な更新届け
  3. 経営事項審査のためには毎年申請

といった面倒な手続があります。

これらの点は当事務所にご依頼いただければ面倒はおかけいたしません。

費用

許可や更新手続、経営事項審査など、どれにも費用がかかります。

申請手数料として収める費用は必ずかかります。

時間

手続きが面倒であることに関係しますが、手続に求められる必要書類は膨大です。

そのため、御自身ですべて集めようとすると非常に時間がかかります。

面倒さと時間の点は当事務所に代行を依頼していただければ解消できます。

お問い合わせ・お申し込み

上記のように、許可取得にはメリットデメリットがありますが、代行を依頼していただくと、デメリットの面を減らすことができます。

是非代行をご検討ください。

お申し込みいただきますと次のような流れになります。(許可取得申請代行の場合)

step1 お申し込み

電話もしくはメールでお申し込み下さい。

電話番号 077-535-4622

メールはこちらのメールフォームから御注文ください。

この段階で軽い打ち合わせを行います。そもそも許可を受けれない事情がある場合はその旨お伝えします。

step2 着手金のお支払い

御連絡いただいた後に、入金先・入金額をお知らせいたしますので、着手金の御入金をよろしくお願いいたします。

原則として着手金は報酬額の半額です。

step3 打ち合わせ・申請書類作成・必要書類収集

入金を確認後、本格的に打ち合わせを行います。

その後申請書類を作成し、必要書類収集にあたります。

step4 申請・残額のお支払い

最終的に申請を行う段階で残額をお支払いいただきます。

当事務所の業務案内

慰謝料請求(不倫・婚約破棄・その他不法行為)に関する内容証明作成

男女問題に関わる書類作成をサポートしています。

契約書作成業務

企業法務を中心的に様々な契約書の作成に対応しています。

時効の援用に関する内容証明作成

一般民事についての書類作成を行っています。

帰化申請業務(滋賀・京都)

京都、滋賀での帰化をサポートしています。

このページの先頭へ