建設業許可申請

建設業許可について

建設業の許可

建設業を営もうとする者は、建設業法(以下「業法」と言います。)に基づく許可を受けなければなりません。

元請負人はもちろんのこと下請負人の場合でも、請負として建設工事を施工するものは、個人でも法人でも許可を受けることが必要です。(業法第3条)

ただし、次の表に掲げる軽微な建設工事のみを請け負って営業する者は、必ずしも許可を受けなくてもよいことになっています。

建築一式工事 工事1件の請負代金が1,500万円に満たない工事 または、 延べ面積が150平方メートルに満たない木造住宅工事(延べ面積の2分の1以上を居住の用に供すること)
その他の工事

工事1件の請負代金が500万円に満たない工事

注 請負代金の額は、同一の建設業を営む者が工事の完成を二以上の契約に分割して請け負うときは、各契約の請負代金の額の合計額で判断します。

ただし、正当な理由に基づいて契約を分割した場合は、この限りではありません。

注文者が材料を提供する場合には、その価格等を請負代金の額に加えて判断します。

請負代金はいずれも取引に係る消費税を含んだ額です。

このページの先頭へ